23~blog

香水とお酒好き~集合

ジンの歴史 おすすめカクテル 

f:id:fumimi2323:20201009202742j:plain

 

 

今日ご紹介しますのは四大スピリッツの中の一つジンのご紹介です。

 

ジンはオランダのシルヴィウス博士によって1660年に薬用酒として開発されました。

 

穀物を原料として糖化・発酵・蒸留を済ませた後香り付けの草の根や木の皮などと共に

再度蒸留させてあるお酒で辛口のスピリッツですがフルーツの香料を添えるなどリキュールに近く作られたジンもあります。

 

ちなみに辛口のジンですがドライ・ジンと呼ばれます。  本来はドライ・ジンが主流ですのでみなさんが思ってるジンはドライ・ジンという事になります。

 

 

ジンの歴史


 

f:id:fumimi2323:20201007142036j:plain

 最初に言いましたジンはオランダのシルヴィウス博士によって1660年にジンは薬用酒として開発されました。

 

植民地で頻繁に発生した病気を特効薬として利尿効果があると言われる杜松の実をアルコールに浸して蒸留し利尿剤が作られました。そして杜松の実の事をフランス語でジェニエーヴルと言うんですがこちら当初はジェニエーヴルを商品名としてこの薬用酒は売り出されていきます。

 

ちなみにジンと呼ばれるのはもうちょっと先になります。

 

当時既に蒸留酒を飲む習慣はあったらしいんですがまだ簡単な構造の蒸留機しかなくそちらで作られていたのですごく雑味の多いものだったらしいです。

 

そこへさわやかな香りのジェニエーヴル薬用酒が登場し評判が広まっていきます。 そこから名称も

変更になりオランダ語でジェネヴァとなり国中で愛飲されていきます。

 

このジェネヴァなんですがイギリスへも広まっていき特にイギリスのロンドンでは爆発的に流行になりそこからジェネヴァを略してジンと呼ばれていったと言われております。

 

そこからアメリカに渡ったジンはカクテルベースとして作られていきます。

 

 

ジンを使ったカクテル


 

 ・オレンジブロッサム

こちら禁酒法時代のアメリカでオレンジジュースで通してしまおうと言う事でジンの香りをごまかすために作られたのが始まりと言われています。

 

・ギムレット

こちらのカクテルが誕生したのは1890年19世紀のイギリスの海軍で将校にはジン 船員にはラムの水割りを配給していたのを軍医のギムレット卿が「健康の為にジンをライムジュースを薄めて飲みなさい」と言ったのが始まりだと言われております。

そこから名前を取ってギムレットと名付けられました。

 

カクテルレシピ


 

 

f:id:fumimi2323:20200920225000p:plain

 

 

 ・オレンジブロッサム

 

カクテルグラス    ドライジン2/3 オレンジジュース1/3 シェークして出来上がり。

 

 

 

 ・ギムレット

 

カクテルグラス  ドライジン2/3    ライムジュース2/1 シェークして出来上がり。

 

 

 <まとめ>

 

今日ご紹介しましたのは四大スピリッツの一つジンのお話でした。

 

ちなみにドライジンは主原料としてトウモロコシ・大麦麦芽が使用されますが場合によってはライ麦なども用いられます。 ウォッカよりやや低く押さえられているのが一般的です。

他にも オランダジンなどオールド・トム・ジンなどあります。 ぜひお試しください。ではまた。